賃貸で蛇口からポタポタ水漏れ、どう対応する?

我慢?自力で交換?修理を依頼?

蛇口から水がポタポタ・・・・

これは大抵、蛇口の中にある消耗パーツ(カートリッジやパッキン)が経年劣化で壊れてしまったことによるものです。

そのため、消耗してしまったパーツを交換することで水漏れを止めることができます。

「少しくらいなら気にならないし、めんどうだ」と思ってしまいがちですが、具体的にはどのように対処すればいいのでしょう。

水漏れを止めるには

水漏れを止めるためのパーツは、ホームセンターやAmazonなどで買うことができます。

そのため、自力で修理してしまうことも出来ます。(具体的な方法は最後に紹介します。)

ですが、専用工具が必要だったり失敗すると大変なことになるので、水道屋さんに依頼するのが一般的です。大がかりな工事になることもなく即日で修理可能なので、一度見積もりを取ってみるといいでしょう。

また、賃貸の場合は大家さんが修理できることもあるので相談してみるのもいいでしょう。

修理代金は大家さん?自己負担?

そこで気になるのが修理代金を誰が負担するのかということですが、パッキンなどの消耗品は大家さんの物なので、代金を支払うのは大家さんであることが原則です。

ですが、契約時に「自己負担で消耗品を交換する」という取り決めをしている場合がほとんどなので注意が必要です。

どちらにしても水漏れは修理しなければならないので、ある程度の出費は覚悟しておきましょう。

パッキンの試用期限は約10年。

業者に依頼したとして、相場は7~8千円程度と痛い出費になりますが、放置したせいで数か所から多量の水漏れ・・となってしまうと取り返しがつきませんからね。

消耗して当たり前のものなので、お金がかかるからといって放置せず、修理するに越したことはありません。

おすすめの水道屋さん3選(対応地域を確認してください)



おまけ:コマパッキンの交換手順

最後に、消耗品交換であるコマパッキンの交換手順を紹介します。

用意するのはプラスドライバー、マイナスドライバー、水栓用のプライヤー、コマパッキン。

コマパッキンは蛇口の型番に合ったものが必要です。

コマパッキンの品番は、蛇口の型番(蛇口に貼ってあるシールでわかります)を「コメット」というサイトで検索することで調べることができます。コメットの分解図から確認しましょう。

「複雑で難しそう」と思ったなら、誰かに頼んだ方が無難です。

1:準備

まずは、水道の元栓を締めます。
これをしないと水があふれだすので絶対に行ってください。

元栓は水道メーターの近くにあり、メーターで水が通るか確認できるので、確実に締めるようにしましょう。

2:~ハンドルを外す

ドライバーでハンドルについているネジを外し、ハンドルを取ります。

その下にあるアダプターも一緒に外してしまいましょう

その後、根元にある座金のナットをプライヤーで外します。

3:コマパッキンを外す

三角パッキン、スピンドルの順に外していきます。

プライヤーで捻ることでネジが回り外すことができます。

コマパッキンはスピンドルの下にあるので、新しいものと付け替えましょう。

4:組み立てる

これまでと逆に、スピンドル、三角パッキン、座金のナット、アダプター、ハンドルの順に装着していきます。

最後にネジでハンドルを固定、キャップを付ければ完了です。

後は元栓を開き、水漏れが無いかを確認しましょう。

フォローする